月別アーカイブ: 2015年11月

借金は貸金で面倒なくすっきりと

駐輪番号をまちがえ他人様の駐輪代をはらってしまいました。
200円とはいえ謂れのない支払です。惜しいと思いつついつ来るかわからない誰かもわからない持ち主を待つわけにもいかず、善行をしたつもりで自分のチャリをだし、パチ屋へ向かいました。自分のチャリは料金発生に至らずに無料でした。

「情けは人の為ならず」かもしれません。
2000円ほどで3万数千円勝ちました。

友人を呼び出し借りていた1万円を返し、御礼に、もちろんこちらのおごりで飲みに行きました。
結局一人頭7千円ほどの飲み食い。遠慮なく注文しやがる。いや、注文なさる。
まあ高い利子になった。
今回はあぶく銭でさっさと返せたので良しとしよう。でなければ返すまでチクチク言われ気も使うところだ。返したにもかかわらずパチンコをやったことに説経くらいました。借金しているくせになんでパチなどするのか!と。正論です。
が、しかし、借金を返したのもパチンコしたからこそ。

友人や周りの人にお金を借りるとややこしくなるものです
やはり金は貸金さんで借りるのが、もめ事も面倒もなくすっきりすむ説教なし、返済の金の出どころも関係無。

借金で返済する人が自分を多重債務者と認識しない件

以下Aとbの会話

A「え、俺多重債務じゃないし」

B「いや、5件も借りてたら多重債務者だろ」

A「何件か借りてるけど、きっちり返してるし。ひとつは車のローンとカードの支払だし。」

B「返済のためにまた借金するじゃないか。」

A「その借金も返してるんだから、ドツボに落ちてるわけでもない。借りれるってことはブラックでも多重債務でもないってことだ。
お前みたいに、クレカの払い延滞しないし。」

B「俺は滞納するけど金融の借金なしで返してるよ。」

(自分:なんだ、このけなしあい。)

A「借金なしっていうけど、人のこと多重債務扱いしてるわりにおれのとこに借りにきただろ。」

B「いやあの時は、お前が借金持ちだとしらんかった。金回りがよさそうで金持ちかな…と思って。正直すまんかった。
だがな、何件も借りてたらそれ多重債務っていうんじゃない?」

B、ここで、スマホをいじり検索。ウィキ画面をAに見せる。

B「ほれ
「多重債務
多数の業者から債務があること。特に、借金の返済のために別の貸金業者等からさらに借り入れて借金が増え続ける状態のこと。(出典-wikipedia)」
その内破産だろ。やばいよ。」

A「え、破産なんかしたら、融資してもらえないだろ。それないわ。」

(自分:借りれるとこあるけどな…。)

複数の貸金業者から借りていても自分を多重債務者だと考えない。そんな人は多い。借金が当たり前になって要る人のほとんどがそうだろう。
生活は苦しくない、まだ借りれる。
借りれなくなるまで自覚がない。金融会社側が「多重債務者」「ブラック」としてレッテルを貼らない限り「多重債務者」でも「ブラック」でもない。
付き合いのあるキャッシングで融資限度額いっぱいに借り、新規の借り入れを断わられ、融資を受けられなくなって初めて「多重債務なのか?ブラックリストに載せられたのか?ぶらっくなのか?」

借りれない・・・・どうしよう・・・

借金を借金で返す生活苦の辛さは重々承知している。借金できなくなった時の程遠い完済まで返済におわれるだけのつまらなさときたら。
破産したらしたで収入以外に金がない不安に駆られる。

泣きついてきたら教えられる金繰りができなくなった時の融資もある。

金貸して、無理なら代わりに借りて

「金貸してくれ、さもなくば、名義を貸してくれ」
と言われたことある人、いるでしょう。

名義を貸してというのは、「自分の名前ではもう融資してもらえないからサラ金で代りに借りてくれ、金は自分が返すから」ということなわけですが。
ない金を何とかひねり出そうという気持は共感するし、必要な金を貸してもらえないつらさは同情するが
申し訳ない。無理。

こげつくのはめにみえているし、返済義務は当然借主にあるわけで、まじめにサラ金に返してくれているうちはいいとして・・とどこおれば、こちらに矢の催促が来るわけだ。
こちらも人の借金背負うほどの甲斐性はない。

聞いてみると、何だ、狙いどころがアコムやプロミスみたいな大手ばかりだった。
分を心得ろ。
延滞はある、融資限度もぎりぎりじゃないのか?
業者は貸したくない。俺も貸せない。すまん。

俺の前にも4人友人に借金交渉と名義貸しを頼んで断られてきたらしかった。
なぜ誰も教えなかったのか。これ
以前に何度も利用した奴もいるのに。
ああ、まあ、ライバル出現で限定枠が減らされるということかもしれない。

なにせ。有名処の貸金へ融資を頼むのはやめさせた。というか、借りれないのはわかりきっているので。

「聞いたことのない貸金だ、おれは一流品しか必要ない」とか、何馬鹿なこと言ってるんだ。困っている人に金貸してこそ一流の貸金業者だろが。
金がいるなら四の五の言うな。
携帯からでも融資申込みできる。

まあとにかく借りれてよかったよ。

キャッシングできずに困った友人知人に同情してもお金貸してあげられないならせめて
すぐ貸す貸金を紹介してあげるのがよいだろう。